バンクイック増額時間

カードローンの限度額を上げる審査は何が危険?

カードローンの限度額を上げる必要があるときに、「増額審査は危険だ!」といわれることがあります。
「限度額を上げる審査なのに、何が危険なの?」と思われるかもしれませんが、現在のカードの限度額よりも少なくなる可能性がある点に問題があります。
これまでのカードローンの返済履歴に問題があったり、別会社のローンやクレジットカードの支払などに不安な要素があるときは、別の方法で追加融資を受けるのがおすすめです。

 

カードローンの限度額を上げる審査で限度額が下がる!

 

まず、カードローンの限度額を上げる審査では、現状のカードの限度額は、なにも保証がされていません。
これまでの返済状況に問題があったり、別会社のローンの残高が増えていたりすると、意外にも簡単にカードの限度額が下がってしまいます。
カードの限度額が下がるだけならまだしも、カードの利用停止という結果になることもありますので、慎重に考えた上で限度額引き上げの審査を受けるようにしてください。

 

カードローンの総量規制の問題について

 

カードローンの限度額を上げる審査を簡単に考える方がいますが、消費者金融のカードローンでは、総量規制の問題がある点に注意が必要です。
総量規制の対象のローンでは、年収の3分の1を超える融資が法律によって禁止されています。
何度、限度額引き上げの審査を受けたとしても、年収の3分の1までの融資しかできないのが、総量規制の問題となります。

 

総量規制対象外カードローンで限度額を上げる!

 

最も安全な方法で限度額を上げるには、別会社のカードローンを利用することになります。
現在のカードの限度額を引き上げるのではなく、別会社のカードローンの枠を設定してもらい、その枠の範囲で融資を受ける方法です。
最低限、現在のカードの限度額が保証されることになりますので、誰でも安全に追加融資にチャレンジできるようになります。
さらに、総量規制の対象外を選べば、高額な追加借入にも対応できるのではないでしょうか。